-本社・サービス工場-
〒923-0867
小松市幸町1丁目65-1
(国道旧8号線不動島交差点を 小松市内方面に約100m)
地図
-松井モータースマイカーセンター (中古車展示場)-
〒923-0834
小松市千木野町と92
(サークルK千木野店さん向い)
TEL 0761-24-5020
地図  
 

車検・法定点検はもちろん、車が動かない、何か判らないけど警告ランプが点灯した!?などのトラブルにも迅速に対応します。

<突然のトラブル>

 松井モータース・ダイハツショップ小松は、土曜、日曜も営業しています。「いきつけの整備工場が休みだった」「ディーラー店が定休日だった」など、突然のトラブル・お困りのことがありましたら、すぐにご連絡ください。

 車が動かなくなって、ご来店できない場合は、電話1本頂ければ、すぐに積載車で引き取りに、お伺い致します。

<車検・整備>

 信頼のある技術でお客様の大切なお車をしっかり点検します。

ただ車検を通すだけではなく、車検後も安心してご乗車頂けるように、安全のための点検を併せて実施します。

 

価格はもちろん、1日車検などもお気軽にご相談下さい。

もちろん代車は無料でお貸し出し致します。

 

ご来店のご都合が悪い方は引き取りもOKです!

 

 

 【法定2年定期点検(車検時)には、どんな点検をしているの?】

    法定2年定期点検時は、法定1年点検項目…全26項目と併せて、全56項目の点検項目がありま

   す。以下に主な点検項目をご紹介致します。

 

   ・ステアリング装置

    ハンドル操作の不具合を防止するため、ロッドおよびアームの緩み、がた、損傷などの点検。

   

   ・ブレーキ装置

    ブレーキの効き不良を防止するため、ブレーキディスクの磨耗および損傷などの点検。

   

   ・走行装置

    ホイールの脱落などを防止するため、ホイールナットおよびホイールボルトの緩みなどの点検。

   

   ・サスペンション

    サスペンションの異音の発生や不具合を防止するため、取付部および連結部の緩み、がた、損傷

     の点検。

 

   ・動力伝達装置

    走行時の振動や動力伝達不良を防止するため、プロペラシャフト連結部の緩みなどの点検。

   

   ・電気装置

    エンジン始動不良や排気ガス悪化防止のため、点火プラグの状態などの点検。

 

   ・エンジン

    エンジンの不具合を防止するため、冷却装置の水漏れなどの点検。    

 

   ・ばい煙・悪臭のあるガス・有害ガスなどの発散防止装置

    熱害による火災発生などを防止するため、排出ガス減少装置の取付の緩み及び損傷などの点検。

 

 


<エンジンオイル>

エンジンオイルは定期的な交換が必要です。当店では交換工賃はサービスしております。

お得なエンジンオイルチケット(20リットル)も販売中です!

 

 

 【定期的な交換ってどのぐらいで交換しないといけないの?】

   1年に1回または、走行距離3,000km~5,000kmごとの交換をオススメしてます 

 

 【どうしてオイル交換が必要なの?】

   エンジンが車の心臓なら、エンジンオイルは車の血液!!

   汚れたり、量が少なくなるとエンジン自体に負担がかかり、燃費も悪くなります。

   エンジンが焼きつき、破損の原因にもなります。

 

    エンジンの主な部分は金属でできていて、それぞれの部品が回転運動や往復運動をしてパワーを

   発生させています。エンジンオイルは、金属の部品同士が直接触れないように膜を作って摩擦を減

   らし、エンジンをスムーズに動かす働きをしており、エンジン内で繰り返し働いているうちに劣化

   していくことから定期的なオイル交換が必要になります。

   

 

<オイル・エレメント(オイル・フィルター)>

エンジンオイルをろ過して、汚れを取り除く働きがあります。

オイル・フィルターは、人の体に例えると、腎臓のような部分です。エンジンオイルの劣化を遅らせ、キレイな状態を保つために必要なパーツです。

  

 【いつ交換しないといけないの?】

   走行距離10,000kmごとの交換をオススメしています。

 

 【交換しないとどうなるの?】

   フィルターが汚れで目詰まりし、エンジンオイルの汚れが取り除けなくなります。これにより、

   エンジンオイルの劣化が進み、エンジン内部の損傷につながります。

 

 

 

<タイヤ>

タイヤは路面と唯一接地している部品であり、車の「走る・止まる・まがる」の基本的な性能を左右する重要な部品です。

 

 

 

 【いつ交換しないといけないの?】

   スリップサインが出ていたり、溝の深さが1.6mmになる前が交換の目安です。

   空気圧を含めて、定期的な点検がオススメです。

 

 【交換しないとどうなるの?】

   空気圧が減ったり、溝がすり減って、スリップしやすくパンクの恐れもあります。燃費も悪くなり

   ます

 

 

<バッテリー>

 カーエアコンやヘッドライトなど、様々な部品に電気を送るのがバッテリーの仕事です。

車を使っていないときも、時計やカーナビのバックアップ電源として電気は消費されています。


 【いつ交換しないといけないの?】

   3年ごとの交換が目安です。

   エンジンがかかりにくくなったり、ヘッドライトが暗くなるなどの症状がでたら交換がオススメ

   です。

 

 【交換しないとどうなるの?】

   エンジンがかかりにくくなったり、ヘッドライトが暗くなったり、電気部品が動かなくなります。




<エアコンフィルター>

 カーエアコン用のフィルターで、マスクのような役割。車外からのちり・ほこりをキャッチし、排気ガスなどの嫌な臭いを押さえ、車内の空気をクリーンに保ちます。

  

 【いつ交換しないといけないの?】

   2年に1回または、走行距離10,000kmごとの交換が目安です。

   エアコンの臭いが気になりだしたら確認しましょう

 

 【交換しないとどうなるの?】

   通気が悪くなり、エアコンの風量が低下。ちりやほこりを除去する効果も低下します。

 

 

<ワイパーゴム>

 雨の日の視界を確保するための部品です。

雨などの水滴を拭き取ったり、ウォッシャー液で汚れを取ったりします。

 

  【いつ交換しないといけないの?】

   1年に1回ごとの交換が目安です。

   拭きむらやびびり音などの症状が現れたら点検がオススメです

 

 【交換しないとどうなるの?】

   ゴムの傷みが進むと、汚れが取れなかったり、雨の日に前方が見えにくくなったりして、とても

   危険です。


  


<キーレス電池>

 リモコンキーの電池は早めの交換がオススメです。

 

  【いつ交換しないといけないの?】

   2年に1回ごとの交換が目安です。

   車内にリモコンキーがあるのにエンジンがかからなかったり、リモコンの効きが悪くなったら、

   早めに交換しましょう。

 

 
 

© matsuimotors.jp All Rights Reserved.

概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
松井モータースは小松市で新車販売、車検、修理を行っています。電話番号:0761-24-1541